30代の出会いCOM~恋人が欲しい30代男性のためのサイト~

お見合い結婚のメリットってなんなの?

読了までの目安時間:約 2分

 


結婚するなら好きな人と・・・とは、誰でも思うでしょうが、やはり結婚は現実的に考えたほうがよいでしょう。

 

まず、結婚とは当たり前ですが、日常の生活です。

恋愛であれば、たまに会って、出かけたり外食したりと言わばイベントのようなものです。

 

家事ができない彼女でも困りはしませんし、多少価値観が違っても問題にはなりません。
それが日々の生活となれば、上手下手は別として、家事ができない、したくない人では後々困りますし、それまでの家庭環境等によって生活習慣や価値観が異なります。

 

家柄にこだわるようなご時勢ではありませんが、金銭感覚や育児・教育に対する考え方など、恋愛では気にならなかったことが軋轢を生んだりします。

また、価値観にもつながりますが、やはり結婚は家同士のものです。

 

昔のように同居したり家を継ぐということは少ないとはいえ、よほどお互いに特別の環境(親が既に他界している等)でない限り、まったく家族のしがらみがないとは言えないでしょう。

 

「好きな人の親なら」で乗り越えられるほど、甘いものではありません。

 

恋愛感情ではなく、条件やお互いの結婚生活に対する価値観を冷静に判断できるお見合いのほうが、かえって長続きできると思います。

 

お見合いでも誰とでもではなく、出会った人の中から、条件だけではなく好意を持てる人と将来を考えるわけですから、結婚前提に考えるとお見合いのほうがメリットが多いのではないでしょうか。

 

30代のための出会える社交場   

現代の同性愛者の出会いはインターネットが有効

読了までの目安時間:約 2分

 


現代の恋愛においては様々な好みがあるのが普通です。

しかし、中にはより複雑な好みを持っている人間もいます。

 

今では同性愛者が自分をアピールして活躍している状況ですが、実際に出会いは少ないのが真実です。

同性愛者が仲間を見つけるためには視野を広げてみるのがお勧めです。

 

インターネットという広大な場所には同性愛者のコミュニティがあります。

同性愛者の男女はそういったコミュニティを利用することで出会いを増やせます。

 

また、近年ではインターネットの様々な場所で同性愛者の話が盛り上がっています。

そういった話にも積極的に参加していくのが出会いのコツです。

 

また、実際にコミュニティサイトなどに登録をしてみるのも大きなコツです。

同性愛者でも自分から動かなければ出会いはないのが普通です。

 

インターネット以外で同性愛者が出会うのは難しいのが現実です。

まず、同性愛者の男女は自分がそういった人間だということをアピールする必要があります。

 

そうすることで始めて同性愛者同士が出会える状況になるのです。

後は同性愛者同士の集まりを実際に探していくのがお勧めです。

 

そういった場所では同性愛者が気楽に話すことができます。

 

どんな人間も仲間がいることで人生が楽しくなります。

同性愛は重い悩みではないので積極的に話すことが出会いに繋がります。

 

大事なのはインターネットの最新の出会いの場所を知っておくことです。

意外に同性愛者は身近にいることが多いです。

 

30代のための出会える社交場   

女性にメールでデートに誘うタイミング

読了までの目安時間:約 3分

 


女性とメールで交際するにはいくつか気をつけない点があり、今、相手は忙しい時期かそれてもメールが大丈夫な時期などをしっかりと見分けて行動しなくていけません。

忙しい時期に何度も何度もメールをしても相手にとっても迷惑なだけになってしまうので、しっかりとそこは相手に合わせるようにしましょう。

 

一番のベストは相手がこちらに合わせるようになったら、もう、交際は成功といったところです。

そうなるまで、頑張ってメールをしていきましょう。

 

まずは、相手が仕事で忙しかったり、アルバイトで忙しく、なかなかメールが返すことができなかったり面倒くさい場合は、3日に1回や1週間に1回など決まった曜日に「今日もお仕事お疲れさま、ゆっくり休んでね、おやすみなさい」みたいなメールを送るようにします。

 

これによりほとんどの女性は少しは嬉しくなります。

これを何回か連絡をしているとこれがくるのが当たり前になり、「こないのがなんでだろう」と自分のことを考えてくれるようになります。

 

このメールの狙いは相手に少しでも自分に興味をむかせることです。
次に実際に、メールを交換できるようになった時は、相手のことを知ることと共通点を見つけることです。

相手の出身地や好きな漫画、アニメ、ドラマ、映画などの相手のことで一つでも共通すること、または、これが好きと分かった時に勉強して、これの共通点をつくることになりお話がしやすくなるようになります。

 

それで、基本的のお話は相手の事を聞いて、愚痴などのときは「大変だったね、それは辛い」などと同意することにより、相手はメールをするのが嫌ではなくなってむしろ、してよかったと思います。
このように、最終的に自分のことを聞かれたら、デートとかに誘って告白をしてしまいましょう。

 

30代のための出会える社交場   

専任サポート付き結婚相談所の短所と長所について

読了までの目安時間:約 2分

 


結婚相談所のオーネットとパートナーエージェントだと規模の大きさで言うと圧倒的にオーネットのほうが有利です。
オーネットは楽天グループが運営しているので知名度は抜群ですし、業界でもトップレベルの会員数とセキュリティ、紹介数など大手ならではの規模となっています。

 

パートナーエージェントは規模は大きくありませんが、近年急成長をしている結婚相談所で親切で成婚率も高く色々な都道府県に進出している心気精鋭な結婚相談所です。

 

入会資格も比較的ゆるめで、人気なのはコンシェルジュコースで月に約一万七千円くらいかかりますが、専用のスタッフが付きっ切りで成婚までサポートしてくれますし、アドバイスや異性との交流の仕方などの幅広いサポートはとても好評となっています。

 

色々な年代の人とたくさん出会いたい、確実に独身で収入が確かな人と付き合いたいと言うときはオーネットのほうがオススメですが、出会いは限定して確実に短期間で結婚したいと言う人はパートナーエージェントがオススメです。

 

ただし、パートナーエージェントは全国展開しておらず、主に関西で展開していますし、会員数が少ないので自分の理想とする人に出会えない可能性があります。

 

まずは色々な異性と出会わなければ交際や結婚に結びつけることは出来ないので、結婚相談所初めての人はオーネットが良いですし、じっくりと限定的な中で攻めていきたいという人はパートナーエージェントが良いと思います。

 

30代のための出会える社交場   

ブライダルネットとユーブライドの利点・欠点を比較

読了までの目安時間:約 3分

 


ブライダルネットとユーブライドのメリット・デメリット

最近では非常に多くの婚活サイトがありますが、中でも「ブライダルネット」と「ユーブライド」は特に人気があります。

どちらに登録したら良いのか迷っている人の為に、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

まずはブライダルネットに関してです。

 

・ブライダルネットのメリット

ブライダルネットのメリットとして第一に挙げられるのは、費用が安いことです。

月額制3000円ですので、お小遣い程度で利用ができます。
顔写真の掲載率も7割以上と、ネット婚活をする上でも重要なポイントを抑えています。

探し方としてはSNSを利用することができるので、自分の趣味つながりから出会うことが可能です。

 

・ブライダルネットのデメリット

無料会員サービスがないので、それなりに真剣な人が多いのですが、会員の絶対数が少ないと言われています。

それだけに全国的に見ると会員数の偏りが目立つものです。

 

次にユーブライドに関する情報です。

 

・ユーブライドのメリット

料金体系が豊富で、自分のペースに合わせて期間を決めて婚活をすることができます。
「日記」「つぶやき」などを利用して、自分から出会いのチャンスを広げることができます。
無料で始めることができるので練習用として最適です。

会員数も多くて活気もあります。

 

・ユーブライドのデメリット

プロフィールをきちんと書き込んでいる人が少なく、どんな人か分かりにくいという点があります。

会員数は多いのですが、本気でない人もいるかも知れません。

 

まとめ

以上の比較から、初めての方は無料で参加できる「ユーブライド」で練習してみるのが良いでしょう。

婚活サイトの雰囲気に慣れることが出来ます。

 

そして3ヶ月の期間限定会員になって実際に出会ってみるといい経験になると思います。

 

その後は「ブライダルネット」で本格的に婚活デビューする、という流れが良いのではないでしょうか。

素敵な出会いがあるといいですね。

 

30代のための出会える社交場   

1 2 3 5